酵素ダイエット 空腹

酵素ダイエット中の大敵!空腹を感じたらどうする?

 

酵素ダイエットは、食事の代わりに酵素ドリンクを飲むことで、ドリンクに含まれる栄養を取りながら健康的にダイエットができるというもので、女性を中心に人気があります。しかし、食事を摂らないので最初のうちは空腹感を感じてつらい思いをすることもあります。
人間が「お腹がすいた」と感じるのは、血液中のブドウ糖濃度が下がり、脳への供給が止まってしまうことが原因です。
実は、この空腹感には大きなメリットがあります。酵素には、脳の栄養素になる果物の糖分が入っていて、この果糖は、血糖値をゆっくり増減させるブドウ糖として働くので、インスリンの分泌を抑えて脳に満足感を与えてくれます。私たちが食事として食べるご飯や麺類といった炭水化物は食べるとブドウ糖に分解されて満腹感を感じますが、ご飯や麺類はカロリーがとても高いので、毎日の食事で炭水化物ばかりを摂ってしまうと痩せることはできません。痩せるためには、炭水化物を摂るのではなく、酵素ドリンクを飲むことが効果的なのです。また、ドリンクには、100種類以上もの野菜や果物、海藻といった食物が使われ、栄養素が濃縮されているので、食事代わりにすることで栄養素もしっかりと補えるので、健康的に痩せることはもちろん、美肌といった美容にも効果的です。
空腹感を感じた場合、少し我慢すると、体内のタンパク質や脂肪から糖分を生成して脳への供給を再開するので軽減します。我慢することで脂肪が使われるので、痩せやすい体を作ることもできます。
お腹がすいて仕方がない、という場合は、酵素ドリンクを1食分の量を数回に分けて飲むという方法や、時間をかけてゆっくり飲むといった方法、ドリンクを割る水を炭酸水に変えるといった方法も有効です。小分けにして飲んだり、ゆっくり飲む、炭酸水に変えるといったことで、満腹中枢が刺激されるので、満足感が得られやすくなるようです。また、水を飲む、運動する、楽しいことに熱中する、ドリンクをヨーグルトや牛乳、野菜ジュースと割って飲む、といった方法も効果的といわれています。
もし、お腹がすいてしまってどうしようもない、という場合は、固形の食事を摂るのではなくドリンクを飲みましょう。せっかく酵素を使ってダイエットしているのに固形物を食べてしまったらせっかくの効果が薄れてしまいます。酵素を摂ることでお腹を満たすことができるので、お腹がすいて我慢できない場合は、ドリンクを飲むようにしてください。