酵素ダイエット 危険性

酵素ダイエットに危険性はないのか?無理なダイエットは危険!

 

酵素ダイエットは通常危険性のない方法なのですが、やり方や行うタイミングを誤るとリスクが生じるため、気をつけなければいけません。
まず、酵素ダイエットと行う場合、酵素ドリンクを3食の中で置き換えたり、3日間ほど断食するファスティングという方法があります。しかし、風邪をひいている時など体調を崩している時に行ってしまうと、普段よりも栄養を必要としているのにも関わらず、食べ物を制限してしまうことで、より体調を崩してしまう可能性が高まります。酵素ドリンクを用いたファスティングなどを行う場合は、体調の良い時に行いましょう。
酵素ドリンクを用いたダイエットをしている最中に、体調が悪くなったり、体に異変が起こった場合は一旦中断した方が良いです。中には酵素に対してアレルギー反応が起こってしまう人もいるのです。
ファスティングを行う際、水分補給は大切なので、酵素ドリンク以外にカロリーの無い飲み物は飲むことができます。また、酵素ドリンクを何か飲み物で割って飲む方法もあります。しかし、冷たいものばかり飲んでしまうと、体温の低下に繋がるのです。体温が低下すると脂肪の消費も滞り効果が薄れてしまいますし、体の不調の原因となる可能性もあります。冷たい水を飲むのではなく、常温のものを飲むように心がけたり、白湯を飲むのもおすすめです。
置き換えダイエットを行う時は、1食だけ好きなものを食べれるようにしたり、2食だけ好きなものを食べられるようにする方法があるのですが、好きなものとはいえ、カロリー制限は行った方が良いでしょう。脂っこいものや消化の悪いものを食べてしまうと胃腸への負担となり、便秘や下痢のけまんいんとなってしまうため注意が必要です。
酵素ドリンクでファスティングダイエットを行い、食事を元に戻す時も気をつけなければいけません。急にファスティング前のような通常の食事に戻してしまうと、かなり胃腸への負担がかかってしまい、胃腸の状態が荒れてしまうことがあります。下痢を引き起こす原因となってしまうので、回復食として胃腸に優しい食べ物を食べるようにしましょう。例えばお粥や柔らかめに煮たうどんなどがおすすめです。
起きうるリスクを把握しておけば、酵素自体がタンパク質の一つであり、野菜や果物にも含まれている成分なの、安全なダイエットだといえます。リバウンドの可能性も低いため、確実に痩せることができるダイエット方法だといえます。